北海道札幌市のサーフィン・スノーボード・スケートボード プロショップ[DROPS SURF:ドロップサーフ]

月別アーカイブ

ネットショッピング

INFORMATION

「 新北海道スタイル 」安心宣言&各サーフポイントでのルール

POSTED : 2020.06.01 14:30

「 新北海道スタイル 」安心宣言

私たち事業者は、新型コロナウィルス感染症の拡大防止のため、
「 7つの習慣化 」に取り組みます!

1.スタッフのマスク着用や小まめな手洗いに取り組みます。

2.スタッフの健康管理を徹底します。

3.施設内の定期的な換気を行います。

4.設備、器具などの定期的な消毒・洗浄を行います。

5.人と人との接触機会を減らすことに取り組みます。

6.お客様にも咳エチケットや手洗いを呼びかけます。

7.店内掲示やホームページなどを活用し、
お店の取組をお客様に積極的にお知らせします。
(感染症対策の可視化(見える化))

≪ 北海道サーフィン連盟から、各ポイントでの方針やルールついて ≫

6月1日から全ての施設の休業要請を解除することとなります。
これに伴い、サーフィンの自粛解除も地域の声を反映させつつ段階的に解除となります。

しかしながら北海道では毎日一定の人数の感染者がでているのも事実です。
生活の自粛が緩和され少しづつ、一歩づつ以前の生活を取り戻し、新しい生活様式でウイルスと付き合っていくことが求められます。
これからのサーフィンも一緒で、ルールを守り、さらに歴史あるサーフポイントを守る上で、地域への配慮を以前よりも高いレベルで考えて実行していきたいと思います。

○コロナが収束するまでなるべく自身がホームとするポイントでサーフィンする。

○個人、少人数で海に行く。

○海岸や駐車場などで集まらず、速やかな行動を心がける。

○体調不良の際は外出を避け、事故や怪我のないよう気をつける。

○陸にいる時はマスクを着用、こまめに手洗い消毒をする。

○混んでいる海、混んでいる時間帯は避ける。

〇海の中でもお互いに十分な距離をとる。

○握手などはなるべく避け接触は最小限に。

○ショップなどを利用する際は十分な配慮をする。

以上のような新しいサーフィンのルールを守り個人でしっかり考えて行動していくことが大切です。
さらに各ポイントでの方針やルールもありますので、事前に必ず情報収集してから行動してください。
自身が所属しているショップに聞いてみることや、所属しているショップがない方はこれを機にショップを利用し色々教えてもらう事をお薦めします。

今できることを実行し、より良い環境で楽しめるように個々が「うつさない、うつらない」を常に意識してサーフィンしていきましょう。

○緊急事態宣言解除後の各地域のサーフィンに対するローカルの方針です。

道北エリア
増毛〜留萌市はほぼサーフィン自粛解除ですが、舎熊ポイントは駐車スペースが私有地の為当面の間サーフィン自粛ですので波チェックもお控えください。また瀬越ポイントエリアなどは路上駐車禁止となっておりますのでゴールデンビーチ駐車場の利用をお願いします。
道北エリアではまだマリンスポーツに関しての自粛の看板が立っている場所が多いですので行動する前に必ず情報収集し、よく注意してください。

道南エリア
サーフィン自粛解除となっておりますが、
函館では自治体からの自粛の看板がまだ撤去されていないことや、先日からの鹿部ポイントの
件など踏まえた判断ですがビジターサーファーはお控えください。

道東エリア

広尾・えりもでのサーフィン自粛は解除となりますが、漁業者や地域住民の方々への配慮を心がけてください。

様似では、各ポイントが狭いことやポイント自体が漁業者と地域住民の生活圏であることなどの問題など踏まえ、当面はローカルサーファーのみサーフィン可能となります。ローカルサーファーも様子を見ながら進めていく方向なのでビジターの方は波チェックなどでも立ち寄らないようお願いします。

日高全域でまだサーフィン自粛の看板の撤去されてないポイントが沢山ありますのでよく注意して行動してください。

道央
銭函エリア
ローカルの方々が地域住民の方々と今後の方針の協議中ですのでサーフィン自粛継続です。また今後はローカルサーファーの方々によるインスタグラムやFacebookのアカウントからしっかり情報収集してからの行動をしてください。近く、方針が固まり次第北海道支部でも発信いたします。

小樽・余市・積丹
塩谷から余市での区間でサーフィン可能です。しかし区間外全域ではローカルサーファー含めサーフィン自粛となっています。各ポイントでは駐車場の問題など多いエリアなのでよく注意してください。

苫小牧

浜厚真・シカッティーでのサーフィン可能となります。

今後、皆さんに呼びかけたいことは、地域住民への新型コロナウイルス感染防止に配慮することはもちろんですが、今回のコロナ禍を通じて、北海道のサーファー全体が同じ方向に向かうことで地域住民との共生と信頼を保ち、歴史あるクラシカルなポイントやホームとするポイントを守ることも
重要なミッションであると考えております。

今後のコロナ禍の影響はまだまだ予測不能な状況であると考えます。今後も事態の影響を踏まえつつ柔軟な対応と情報発信に務めていきます。

繰り返しになりますが、皆さんが気持ちよくサーフィンをするためにもルールを守りモラルを持った常識的な行動をお願いします。

ご理解とご協力よろしくお願いいたします。